小顔のプチ整形/プチ整形カンタン講座


誰でも手軽に顔の悩みが解決できるプチ整形の知識を詰め込んだ美容整形指南サイト

顔を構成している骨・神経・皮膚などは小さくすることができませんが、筋肉を減らすことはできます。筋肉の働きを減少・抑制する薬を注入して、顔を小さくするのが、小顔のプチ整形の原理です。

張り出したエラは、その部分の筋肉である咬筋が発達してしまった状態です。そこで小顔のプチ整形では、咬筋にボトックスを注入して、その働きを抑えます。ボトックスには、ボツリヌス菌という成分が含まれていて、これが筋肉と神経の結合部分に作用して、筋肉の働きを弱めることができるのです。

小顔のプチ整形が筋肉の働きを弱めると言っても、咬む力にはほとんど影響がありませんし、日常生活は全く問題なく送ることができますので、安心してください。どうしても心配な方は、医師と相談して少しずつ注入してもらうようにすれば、確実です。

さて、ボトックスを気になるエラの部分数カ所に注射して注入するプチ整形を行うと、だいたい1~2ヶ月程度で効果が出て、フェイスラインがすっきりとした小顔になります。注入する施術時間もほんの数分と非常に短く、当日からメイクや洗顔が可能なので、お手軽なプチ整形と言えるでしょう。

迷ったら、ココに無料相談
  ↓ ↓ ↓ 
プチ整形の無料相談





(C)小顔のプチ整形

  • 美顔器
    フレシャス/